The Locus of a day-dream...

始まりは夢の跡。終わりは、暗い暗い闇の底。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--  [スポンサー広告]  Trackback(-) | Comment(-)

2005.12/ 28 [Wed]

 Mainstream mission complete

うわあああ


どっかの誰かの真似をしてみるてすt
失敗した・・・って何を!?って感じですね!

というわけでバオルラストダンジョンクリアしてきました。
非常に疲れました・・・長さ自体はG1の女神クラスなんですが、
敵が強い・・・。

以下ネタバレのため激しく追記。



バオルD。
潜入のときとは違って魔法は使えるので随分楽。
ただし、一番楽な沸きが「ライトガゴ*2、ヘビガゴ*2」というイかれたダンジョンですが。
クロスAR狂のふたりを連れていったけど、自分が弱いと相当大変でした・・・

基本的に思い出せる沸き

・1F
ライトガゴ*2+ヘビガゴ*2
スモールアルゴス*2+ゴルゴン*2
ジャイアントワーム*2+ゴルゴン*2
ジャイアントワーム変種*4

・2F
ライトガゴ*2+ライカン*2
ヘビガゴ*2+ライカン*2
ライカン*4
ナイトメアヒューマノイド(馬)*2+ライカン*2

・3F
スモールアルゴス*3

・4F
ヘッドレス+スモアル*3
アルゴス+スモアル*3
ヘッドレス+アルゴス
アルゴス*2

・5F
馬*2+ジャイアントワーム変種*2
馬*4
ヘッドレス*2

こんな感じかな?基本的に↓にいっても↑の敵は出る感じ。

特にヤバイのが4Fのヘッドレス(orアルゴス)+スモアル*3。
まず死にます。
こんな感じ


どうよこれ?(苦笑


革

まぁ、こんなのも出したりとかなりおいしいダンジョンなんですがね


無敵の肉体

はいはい無敵無敵
チェンジナイト1のはずなのにこんなダメージが。

神の火

神の火。ていうかキャンプファイヤは本気で強いです。
これはナイトメア*4の惨状を救った神の火です


以下メインストリームエンディングまで一気に書くので、
これ以上のネタバレを望まない方は速攻お戻りくださいませ!












では。
気合十分


私たちは、ついにここまできたか・・・というある種の緊張感を抱え、
その封印を解いた―――

脳筋

立ちはだかるのはやはり、ルエリ。
どうしてこのようになってしまったのだろう?
三英雄として崇められているはずのルエリと対峙している真実。

モルガントとともに、ルエリが近寄ってくる。
瞬間、すごい早さで剣が迫ってくるのを間一髪かわし、そのままカウンターを叩き込む。
しかし、まったく聞いた様子がない。
隣で二人はクロスボウを構えて機を窺っている。
私は、私たちは・・・英雄と呼ばれる実力をもったこの人に勝てるのだろうか?

一瞬の油断が勝敗を決した。
ふっ、と目の前に現れたのはダークロード、モルガント。
その一撃を避けることもできず、三人は床を転がる。
体勢を立て直す間もなく、モルガントが剣を振り上げる――




その時。

まばゆい光とともにモルガントの身体が弾き飛ばされた。
誰が助けてくれたんだろう・・・そう思いながら顔を上げると、そこには。

マリーとタルラーク


驚愕のルエリ


マリーとタルラークが立っていた。
「遅くなってすみません。先に用事があったものですから・・・」
タルラークが私に手を差し伸べながら、そういった。
そしてルエリに向かいあい、
「ルエリ・・・どうして貴方が魔族についているんですか」
優しく諭すように、語りかけた。
死んだと思い込んでいた旧友二人の姿を見て困惑するルエリ。

「何をしているんだ、さっさと殺してしまえ」
声のしたほうを振り向くと、そこにはあのキホールが立っていた。
それでも動けずにいるルエリを見るや否や、キホールは魔法を詠みだす。
「危ない!」
タル、光の障壁

同じ。
グラスギブネンを倒した時のマウラスと同じ行動。
タルラークが私たちの前に立ちはだかり、その魔法を弾き飛ばす。
それを見たキホールもやはり同じ事を思ったのであろう、鼻で笑い飛ばしてもう一度詠唱を開始した。
「死ね!ドルイド!」

「させるか―――っ!」
走るルエリ。

それまで動かなかったルエリが動いた。仲間を守るために。

その行動を読んでいたかのようにルエリの攻撃は避けられてしまった。
「フ・・・貴様如きが、私にかなうとでも思っているのか?」
ルエリ突進

「ルエリ!逃げてください!」
タルラークが叫ぶ。
しかしルエリはキホールを睨みつけたまま、
「今の俺ならこいつに勝てる。・・・だから、逃げてくれ!」

そのまま手に持った大剣で、トリアナを縛り付けていた封印を叩き壊した。
ルエリvsキホール


対峙するふたり。
そこに――

女神降臨


「お止めなさい!」
凛とした声が広間に響き渡る。
この声は、復讐の女神モリアンのものだ。
――タルラークが言っていた用事とは、女神の封印を解く事だったのだろう。

その一瞬、キホールの視線が外れたところにルエリが斬りこんだ。
弾ける光―――!



ルエリの敗北


倒れていたのは、ルエリであった。
「ルエリ!」
タルラークが叫び、走り寄ろうとするのを止めるモリアン。
「キホール・・・ダークナイトの部隊は潰れ、リアファルもなくなった今、
マハは復活できません。大人しくお諦めてください」
「クク・・・クロウクルアフを呼び出せるのはマハだけではないのだよ・・・
そう、そこの小僧さ。先代イメンマハ領主が契約の代償にしたそいつさ!」

「さぁ・・・蘇り私に従え――クロウクルアフ!」

クロウクルアフ


「・・・雪巫さん、クロウクルアフを倒してください・・・!」
弱気な女神の声・・・しかし、ここで引くわけにはいかない・・・!



何だこのできそこない小説風のダイジェストは(苦笑

戦闘1

普通に死んでます
こいつ普通の攻撃で700とか喰らうんですよね
空飛んだ後、弓で打ち落とさないとファイアブレス(FBlの強力版)うってくるんですけど、
それが普通に3000ぐらいダメージ受けたりね!
アホいですまじで。

イーヤッホゥ

トドメのすまあああああっしゅううう!
効かないとか出てるのは気にすんな!

ホンモノ

そして・・・何とか勝利。

この後、EDムービーが流れる。
モルガント

ちょwwっをまwwwwwモルガント、顔!顔!

EDムービーから2枚ほどお気に入りを
クリステル

三英雄

ああ・・・ルエリ・・・
ルエリは結局、過去の代償としてクロウクルアフに連れ去られていってしまったり・・・。



こんな感じでした。
多少小説風の部分とか改編入ってたりするんで、やっぱりホンモノみてください(ぇ
G3・・・ストーリー最高でした。







終わったあとの私。
ミル待機

バンホールの街中で一人さびしくミル待機
二人はバオル置き去りらしいです。カワイソス

・・・あれ?
イメンマハに飛ばされるはず・・じゃ・・・ってあああああ!1!!!
保護の鎖イベントのクエスト、完了するの忘れてたよ
アイディンのプチEDみのがしたあああああああ!1!!!

鬱だ寝よう
スポンサーサイト
at 01:33  [side→onlineTrackback(1) | Comment(4)
<<MabinoGearSolid | BlogTop | おんらいんもりあるも>>

Comment

not subject

いいこと聞いた

馬実装されたらG3進める
posted by t URL at 2005.12/29 02:58 [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
posted by   at 2005.12/28 05:04 [編集]

not subject

あーいや、潜入の時に使えないのは「攻撃魔法」だけで、
ヒールは使えるのですよ(´・ω・`)

おめありでs、てかちゃんとG3進めたほうがいいって絶対!
posted by yuki URL at 2005.12/28 03:48 [編集]

not subject

昨日の日記の最後見て思った
>ヒール詠唱を忘れずに

ヒールできなくね

G3クリアおめでたう
posted by t URL at 2005.12/28 03:46 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

Trackback

アルゴスアルゴス(’&#x0386;ργο&sigmaf;)は、ギリシア神話に登場する魔神。全身に百の目を持ち、しかもそれらの目は交代で眠る為に、彼自身は常に目覚めている(別の伝承では、背中に第三の目があるとも、後頭部に二つ目があるとも言われる)。つまり、アルゴスには時
from 神話の世界 at 2007.10/12 15:29
↑PageTop

Menu

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。